スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ

消して欲しい感情

アフィリ作業。。。

なんだか、イライラする。

やだよな。。。こういうの。


ここ3ヶ月間くらいは調子がまずまずよかったのだが、

予想通り、今月はボロボロだ。

このペースだと、来月はもっとポロポロだ。


だから、設備投資もした。

新しいプログラムも作り、いま、テスト稼動を開始した。


僕の人生そのものなのかわからないが、

世の中がそうなのだから仕方ないのかもしれないが、

「競争」というものの中に組み込まれざるおえない自分が、腹ただしい。



やらないと、負ける。


負けると、生活できない。



負け犬・・・?



くやしい?



別に?




でも腹が立つ。




腹が立つから、自分の持てる力を最大限に使い、ライバルをけちらしてやろうかと思うときがある。


おそらく、ある程度のところまで、僕はできる。


そんなの、過去の経験から実証済みだ。






だけど。。。






自分はもっと、ボロボロになる。





精神的破壊。




でも、やれってか?




感情のままに?






。。。






やっぱ、生きるに向いてないよ。


俺は。






なんだか苦しいし、涙がでるし。。。




別に儲かったからって、嬉しいという感情はない。


儲かったと言っても、一生食べていけるお金が入ったわけではないのだから。



それよりも、僕が意識するのは、今後の不安なのだ。




僕の部屋は今、尋常じゃない光景。

パソコンが複数台、鬼のように稼動している。

僕の焦りが反映されているかのよう。




こんなことやって、効果があるのか・・・?






R:「やり足りないのよ。あなたは」


僕:「それは。。。どういう意味?」


R:「自分の思ったことを実現することにおいて。

あなたが自分の部屋をパソコンで埋め尽くすのも、それ。

それはあなたが『してみたかった』から。」


僕:「実現して、何があるの?

僕にあるのは欲望と・・・不安?

うれしさは。。。ないの?」



R:「うれしいことも、あるじゃない。

あなたは、わかっているようで、わかっていないところが、あるわね」




人はそれぞれ、経験すべきことが違うという意味だろう。

お金を稼いだって、幸せではない人もいるし、

お金がなくても、幸せな人もいる。

「お金」は、道具なんだから。。。



お金を稼ぐことに、フォーカスしてしまう、今の自分・・・




「お金を稼ぐばかりが、人生じゃない」って思いながら、その社会に埋没してしまう自分・・・か。




答え・・・?




わからないよ。




やっぱり、わからない。





まずは。。。




「余裕を大きくしたい」



自分の不安を解消したい。

とりあえず、2年でも、3年でも、生活できる余裕が欲しいのかもしれない。



心の余裕・・・?

それは、お金の余裕・・・か?






やっぱ、稼げって、こと・・・?






ちくしょう。




やっぱり、そこに行き着くんだ。








僕は馬鹿だから、そう思うと、また自分をフル稼働させ、また自己崩壊させるのだろう。




2日間飲まなかったお酒も、今はまた。。。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

休憩

僕は今、道を見失っている。

自分の生活・・・

稼ぐことの意味は、

「不安の解消」・・・

それ以外のものはほとんどなく・・・

いくらやってもこんな不安が続くのなら・・・







例のあれに辿り着く。








R:「死は、開放・・・

縛られているものからの開放・・・

物質界、肉体、それにともなう貴方の不安・・・」



僕:「どうしても、辛かったら・・・?」



微笑んでいるR。



R:「人間は、100%死ぬ。

遅かれ早かれ・・・それは全ての生命体に対して平等の運命。

嬉しい、辛い・・・

だけど、そう思うことができたこの世界にも、いずれ別れを告げるときが来る。

また生まれ変わるとしても、「死」というリセットが、ある。

記憶も消えてしまうけれど、経験したことは、あなたのアストラル体に刻まれている。

人の経験は、嬉しいことばかりでは、ないの。

恵まれた人生を生涯送る人も、その前、その次の人生では、「苦」を経験しなくてはならない。

生まれ変わりのサイクルは、平等。

立場、お金、名誉や権力・・・それは次の生まれ変わりの物差しではない。

気づきのチャンスは、平等」





僕がこうしているのも、こう感じているのも、全ては「それ」に気づくことなのか。

そのサイクル、それに対する気づき・・・



でも、僕は、陥っているよ。

無限ループに。。。

抜け出せるのか。。。


自分ひとりでは、駄目なのか。




溶けてみたい。

貴女と・・・




抜け出してみたい。

肉体からも、この世からも。



何が、見える?

何を、感じることができる?




何を思っても、何を考えても、

Rは、微笑んでいるだけだ。





分かっているよ。

だけど、話したいんだ。





連れて行って、くれる?





R:「わかっているわ」





僕はそこに着いたとき、号泣してしまうだろう。

それは安心感からなのだろうか。

今までの自分の人生が、背後に消えていくのを感じる。

その走馬灯の塊が、僕の背後から闇に消えてゆく。。。



R:「もう、苦しむことは、ないのよ・・・」





そして僕は、自分の人生の意味を知る。





R:「もう、泣かないで・・・」


僕:「うん・・・」




これから、どうしようか。

しばらく、休憩したい。

そうだ、辺りを散策するのもいいな。。。



見ると、そこは見知った光景だった。

その木も、草も、僕にとってよく知っているものばかりだった。




「おーい」


知り合いがきた。


知り合い?


そうそう、名前は・・・


すぐに思い出せた。


どの人生で知り合ったのかは思い出せない。


だけど、その人との記憶は、ある。


たしか、何か約束していたっけ・・・






僕の最近の夢には、知らない人が多く出てくる。

だけど、僕その人を「知っている」

どんなことを約束していたかも、覚えている。

自分の人生が、複数ある感覚?

いや、全ては自分にとっての出来事だと認識できる。


それは時を超えて、人生を超えて、輪廻を超えて・・・


全てが、自分というものに集積されている状態。


きっとその「向こう」には、全てを自分のものとして認識する状態があるのだと思う。

それが、「源」に帰るということの「流れ」の一つなのだろう。




「今日お前、当番だろ?はやくカレーつくってくれよ。お前のカレー、旨いからな」





僕が作るカレー。

その作り方も、具も、隠し味のスパイスも、瞬時に思い出される。





「わかった、今行くよ」





僕は友人と楽しく話しながら、歩いていくのだった。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ

踏襲

いいつも見ていただいている方、有難うございます。

コメントにお返事しよう、しようと思っているのですが、なぜか、できません(汗

「さっさとすませればいい」

そんな囁きも聞こえるのですが、ただ単純にコメントにお返事をするのも、なんだか気をくれを感じるのです。

ただのお礼ではなく、ちゃんと対話したいような・・・

そう思っているのに、ちゃんと向き合えない。

うまく言い表せませんが、そんな状況なんです。

いつもコメントを頂いて、感謝しています。

有り難く、読ませて頂いています。

お返事できる時には、しますので・・・







「人格を形成するもの」

最近は、自分の性格はどうしてこうなったのかを、考えることが多い。

幼少期の環境の影響。

それは多分にある。

それは、「対・外界」の性格の根源をなしていると思う。

僕の場合は、けっこう厳しく躾られた。

いつも拳骨で殴られていたし、家が自営業なので、「そろばん」で叩かれることもしょっちゅうだった。

学校の成績が悪いと殴られるし、それ以外のことでも殴られる。

それは、僕に「恐怖」と「不安」を与えた。

与えた、というより植え付けたのだろう。

僕は幼稚園の頃に、ノイローゼになった。





でもそれは、そこで与えられたのが「恐怖」と「不安」ということであって、

「だから、自分はどうする?」

という選択支は、自分にある。


グレるか?

家出するか?

それとも・・・


与えられたものによって、作り出す結果。

それは、人それぞれ違うのではないか?


もしかしたら僕は、グレて○○ザになっていたかもしれないし、自らを消していたかもしれない。

実は、若い頃はどちらも自分の心の中にあって、

「きっかけ」があれば、どちらもしていた。

○○ザ映画は大好きだし(汗

そうだ。今も母親から言われることがある。

「○○ザにはならないでね」って・・・

もう年齢もいってるから、そんな気はまったく無いよ(汗


十代の頃はある意味、鉄砲玉だったので、そういう店にも勤めたりした。

「アブナイ橋」を好んで渡りたかった。

自分を試したかった。



「何にも屈しない度胸」



そんなものに、憧れたりした。

長淵剛を、好んで聴いていた。。。



根底にあるのは、「反発」だったのか。

ちなみに尾崎豊も、大好きだ。






そこから何事も無く、違う選択支に導かれ、今がある。



そして何故か知らぬが、20代の頃に、「太宰治」に興味を持った。

古本屋から太宰の本を買い集め、ほぼ全巻読んだ。

自分というもの・・・

太宰治、その世界が、僕にはよく理解できた(と思う)

同時に、バチプロ日記の故「田山幸憲」氏に共感を抱いた。

「権力」や「名声」にこだわらない姿。

それでいて、大いなる「やさしさ」が感じられる・・・

僕は太宰氏や田山氏に、多大な影響を受けているのだと思う。

そして、その人生を踏襲しようとしているのかもしれない。



氏のように生きてみたい?

うん・・・

僕は、解答を見つけられないでいる。

それは、氏達がそうしたように、僕は、人生に正直でいたいのだ。

「流されるままを己の本意と塗り替えようとする人生」

はしたくない。

そう思っていても、己の不甲斐なさや自己矛盾に絶えず苛まれている・・・

そんな自分を責めながら・・・



だけど、「こうしたい」という自分の一線を下げたくない。


だから、躓くし、怪我もする。


でも、そうするしか、ないんだよ。


悩みながらも・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ

遠い未来

なんとなく、感じている。

「もう少し」って・・・

人生に必要なものとか、本質とか、それを、もうちょっとで、知れそうな気がする。

仲間とか、愛とか、分かってるけど、その先にあるもの、

なぜそうやって結びつくのか・・・


もう少しなんだけどな・・・


ジグソーパズルに残されたピースを見て、もうちょっとでできるのに・・・

そんな感覚だろうか。




人はニュースなどで報道される人のことを見て、「おかしな人」と思うことがあるが、

その人の環境や、立場や、生い立ちを知ると、その疑問も薄れてくる。

もし自分だったら・・・?

その人の行動も理解できる気がする。

マスコミはそこには触れず、ただセンセーショナルに番組を作るのだけど・・・



「刻んでいくもの」



それは人によって違うし、その人が得るべきこと。


だったら、幸せって・・・?


人と比べることは、無意味。


それぞれが「それ」を超えたところで、結びつき、幸福がもたらされる・・・


だから、「過程」


「過程」を得るために宇宙ができたのだから、当たり前だけど・・・





僕:「過程を得るだけで、終わりなの?」


R:「ううん、終わりの前に、安定がある。安定は、物質的、精神的な安定・・・

安定した状態から、創造主と一体化することもできる。

それが、最終段階。」



まだまだ、僕にとっては、遠いのだろう。

何世にも渡る、そんな遠い未来を考えながら、お酒を飲んでいる。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ

眠れない

ベッドに入っていても、まったく眠ることができず、

一階に行ってビールと水とコップを持ち、部屋で飲みながら、これを書いている。

何年経っても、僕はこの繰り返しだ。

かといって、自分を変えようとしても、そのエネルギーがついていかない。

エネルギー自体が、充填されない。

いくら体や心を休めたところで、

まるで壊れた電池パックに充電しているようなものだ。


前にも言ったけど、僕はもう5年くらいしか生きないと思ったりしている。

そのつもりで、あと5年、何をしようか・・・

それを、真剣に考えている。

生活するにはお金を稼ぐことは必要で、あとは、自費出版で本を書く。

その本を書くために、いろいろな知識を得ることに時間を使ったり・・・


普通の恋愛とか、家庭とか、そんなものは、もういい。

もういい、もういい、と言いつつも、未練がましく、吹っ切れない自分に、

嫌悪感といとおしさ、相矛盾する感情の中でもがいている。


僕は運命論者という訳ではないけれど、最近、「宿命」についてよく考える。

「宿命」は変えることが出来ず、「運命」は変えることができる・・・

もう40年近くも生きていると、自分の半生を振り返って、

「いつもこうなる」という図式が、自分の中でできている。



「やっぱり、こうなるのだ」

「いつも自分は、こうだ」



きっとその中に「学び」があるのだろうけど、

それはそのもたらされた「結果を直すべき」という意味だけではないと思う。


そのときの感情をを学ぶため。

それにこだわりすぎている自分に気づくため・・・


今の僕にその回答は分からないが、

「得よう、得よう」とすることだけが人生ではないと思う。

そう思うと、どこに回答があるのか、自分の頭の中で整理するのに、時間がかかる。


僕:「道を、知りたい」


Rに問い掛ける。


R:「あなたの、思った通り・・・」


そうして僕は彷徨い、時間ばかりが過ぎていく・・・


僕は、そうやって生きるしかないのだろう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。